ボーンペップの具体的な効果

骸骨2

ボーンペップはタマゴから抽出される、骨の形成を助長するる栄養素です。

 

 

卵が孵化するまでのヒヨコの成長するのが21日で終了するためには、ボーンペップが大きく作用しています。

 

 

これを人間が摂取することで、骨を丈夫にすることができます。

 

 

ボーンペップの働き

骨を伸ばすはたらきがある

身長測定

 

ボーンペップは骨の成長を助ける作用が確認されています。特にカルシウムと一緒に摂取るると相乗効果があります。

 

 

ボーンペップとカルシウムを同時に登用すると骨の成長が早くなり、骨を作る細胞が活性化されていきます。

 

 

 

骨密度を良くする

元気な骨

 

ボーンペップはカルシウムと一緒に摂取すると骨密度が高くなります。

 

 

骨は2〜4週間くらいで破壊されて(破骨細胞)そして、2〜4か月くらいで再生します(骨芽細胞)。こういったサイクルで

 

 

骨は作り替わっているのですが、そのバランスが崩れると骨粗しょう症になってしまいます。骨の細胞に隙間ができてしまうんですね。

 

 

ボーンペップは骨を破壊する働きを抑える効果があるといわれていて、骨粗しょう症の防止に役立つ成分です。

 

 

しっかりとした骨をつくる

犬と骨

ボーンペップとカルシウムを同時に摂ると、骨の強度が高まるという働きがあります。

 

 

骨は体をささてています、また内臓を守る役目もありますよね。

 

 

さらに実験のもう1つの結果として、カルシウムとボーンペップを同時に摂取することで骨の強度を高めるはたらきがあることも判明しています。

 

 

骨は体を支えるだけでなく「カルシウムを貯蔵する」「内臓を守る」といったいくつもの重要な役割があるため、健康を守るためには硬くて強い骨を保ちつづけることが大切です。

 

 

ボーンペップは子どもだけでなく大人にとっても必要な成分です。これからはカルシウムと一緒に、ボーンペップを卵やサプリなどから摂取してみてはいかがでしょうか?

 

 

タマゴサミンの公式サイトはコチラから
↓ ↓
完全栄養食品であるタマゴの研究から発見された新成分!【タマゴサミン】!!

 

 

 



 

 

 

トップページ